Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

L i v i n i t y

<living x unity>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
国芳のヘタウマ画/荷宝蔵壁のむだ書き


一回アップした仕事中のわけわかめな妄言が恥ずかしくなったので、削除。

それで、まじめなつぶやきシリーズとして、今やはりどうしたって気になる幕末浮世絵師、国芳の極めつけの異色作を取りあげてみる。

巧い絵描きがわざと下手を装って描いてるという意味では、まさにこれぞヘタウマ画と言っていいと思うのだが、なんでもこれ当時の出版界への厳しい規制の網をかいくぐるべく描かれたという。しかし、それが怪我の功名で、ひどくモダンな表現に至っている。

武者絵、諷刺戯画、西洋風風景画、庶民的な美人画、パノラマ絵、猫絵、和製アルチンボルドともいうべき「人をばかにした人だ」の奇想画、まさになんでもこい、ってステーションギャラリーの展覧会は行きそびれたのが悔やまれるが、国芳ワールドは実に楽しい。

補足:むだ書き三枚組の別版のディテールを。


なんだこれはーっ!!というか、たぶん猫なのだが、こんなやつが江戸幕末に描かれたとおもうと驚き。大でき。クニヨシGJ!!


はん!!!


参考図版:和製アルチンボルド「人をばかにしたひとだ」
| お気に入り | 22:41 | comments(0) | trackbacks(46) |